ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

意外と知らない結婚式のスピーチマナー友人編

スポンサーリンク

結婚式には、招待する側にも招待された側にも、守るべきマナーがたくさんあります。
しかし、意外と知らないのが現実です。
とはいえ、例えば友人代表としてスピーチをするといった大役を任された時などは、知らないでは済まされないこともあります。
また、多くの列席者の前で恥をかくのは嫌なものです。
そこで、知っておくべきスピーチマナーを、友人代表を例に挙げて説明します。
まず、初めに動作についてです。
司会者に名前を呼ばれたら、席を立って列席者の方を向いてお辞儀をします。
そして、マイクのある場所に向かい、新郎新婦とご両家にもお辞儀をします。
ここで、新郎新婦やご両家が起立している時には、着席を促します。
そして、スピーチが終わればまたお辞儀をして自席に戻るという流れになります。

スポンサーリンク

次に、スピーチの内容についてです。
マイクの前に立ったら、まず祝辞を述べます。
これは、新郎新婦とご両家の両方へ祝辞を述べます。
その後、自己紹介をして、新郎または新婦に関するエピソードなどを披露します。
ここで、注意すべきなのが、ポジティブな話題のみを話すことです。
例えば、忘れっぽいとか、おっちょこちょいなどといったマイナスの印象を与えかねない内容はおめでたい日なので避けておくべきです。
また、重ね言葉も禁止です。
例えば、いろいろなどといった言葉は、結婚を再びすることを連想させるので、気を付ける必要があります。
そして、最後に結びの句としてもう一度お祝いの言葉を述べれば終了です。
以上のようなマナーをきちんと身に付けておけば、スピーチを頼まれても困ることがなくなります。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加