ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー

スポンサーリンク

お友達の結婚式に招かれたら、どんな服装で参列しますか。
意外と知られていない、結婚式においての服装のマナーをご紹介します。
まず「花嫁より目立ってはいけない」という基本的なルールを頭に置いておきましょう。
参列者はあくまでも脇役です。
マナー違反の服装で、花嫁より目立たないようにしましょう。
例えば、白系のドレス。
白ドレスは花嫁さんのもの、という理由です。
クリーム色やベージュ系など、白っぽい色も避けましょう。
また逆に全身真っ黒のスタイルもNGです。
お祝いの席である、ということを考えましょう。
そして、普段着るワンピースではなくパーティードレスを選択しましょう。
その際、発表会で着るような派手なドレスや、お水系のミニ丈、肩だしドレスもマナー違反です。

スポンサーリンク

2色使いのバイカラーの服装も、「別れる」という意味合いから避けたいスタイルです。
フォーマルは基本的に単色無地とされていることを覚えておきましょう。
また、ファー素材、毛皮や皮製品は「殺生」の意味がありますので、ボレロやバッグ、靴などの小物にも気を遣いましょう。
アクセサリーはパールで、小物は小ぶりのバッグにパンプスが基本です。
日本の結婚式では着物で参列するのも喜ばれますが、他国民族衣装などは仮想パーティーのようで浮いてしまうことがあるので、その場合は着物を選択しましょう。
共通の友人同士の結婚式が重なると、いつも同じドレスになりかねませんね。
小物やヘアスタイルで変化をつけたり、格安なレンタルドレスを利用するのもいいでしょう。
服装マナーをきちんと守り、花嫁にとって自慢の友人として結婚式に参列してください。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー