ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式ではマナーを守って余興の歌を披露しよう

スポンサーリンク

結婚式に招待された時にはマナーを守ることが大切です。
新郎新婦の一生に一度の晴れ姿ですので、良い思い出になるように参加者一同が気を配るようにしてください。
披露宴では来賓の挨拶をはじめ、恩師や友人達のお祝いのスピーチがありますが、会場の笑いを誘うような和やかな話をしてください。
それでなくても新郎新婦は緊張していますので、二人がリラックスできるような話題をスピーチしてください。
お祝いの席ではタブーとされている言葉がありますが、よほどひどい言葉以外はあまり気にする必要はありません。
披露宴で楽しいのは友人達による余興です。
余興の代表的なものは歌ですが、結婚式の定番となっている歌も良いのですが、新郎新婦にちなんだ歌などを選ぶと喜ばれます。

スポンサーリンク

司会の方は新郎新婦のなれそめについて事前に情報を仕入れているはずですので、余興をやる前に内緒で新郎新婦の好きな歌を教えてもらってください。
その歌を余興でいきなり歌えば、新郎新婦も感激してくれるはずです。
余興の中でも最近目立つのが花婿の胴上げですが、くれぐれも花嫁の胴上げだけはやらないように気を付けてください。
万一ということがありますから、大事な結婚式が台無しにならないためにも派手な胴上げなどは控えた方が良いのです。
披露宴ではお酒が入りますので、羽目を外してしまう若者もいます。
そのようにならないように、周囲の友人達が気を配ることも大事なことです。
主役はあくまでも新郎新婦であることを忘れずに、楽しい結婚式の思い出づくりに参加してください。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加