ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式の受付で渡すご祝儀はふくさに包むのがマナー

スポンサーリンク

友人知人はもちろんのこと、会社の上司や部下などの同僚や時には取引先などの関係者が結婚式を開くにあたってゲストとして招待されることは、ままあることとなっています。
近年の結婚適齢期とされる年代が二十台の後半から三十代の前半頃となっているため、その年齢の頃が、同年代の友人知人の結婚式に呼ばれるピークと言うこともできるでしょう。
この結婚式に参列するにあたって重視したいのが、フォーマルな場であることを意識して、しっかりと各種のマナーを守ることです。
マナーを守ることは、新郎新婦を祝福することを態度で示すことにも繋がるのです。
一見して分かるポイントとしては服装などを挙げることができますが、より細かいマナーも守るのが大人の対応です。

スポンサーリンク

たとえば結婚式に参列するにあたって持ち寄るのが、お祝い金となるご祝儀ですが、このご祝儀はしっかりとマナーを守った袋に入れて持参し、当日の受付で担当の方に渡すこととなります。
中身の金額を相場に揃えて入れること、その際にはピン札を用いることなども重要なポイントとなりますが、さらに、これをそのまま袋で持ち運ぶのではなく、ふくさと呼ばれる包みに入れて持参するのが大人のマナーとなっているのです。
若い方や慣れていない方の中には、このふくさの存在自体を知らないケースもままあるため、知っているのといないのとでは、マナーを守っているのかいないのかが明確に分かれてしまうポイントでもあります。
他にもこういった細かいポイントが複数あるのが結婚式であるため、大切な友人知人の結婚式に参列する際などには、よく確認しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の受付で渡すご祝儀はふくさに包むのがマナー関連ページ

結婚式の受付のマナーと挨拶の仕方について
結婚式マナーとしてお祝い金はふくさに包むのが作法