ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです

スポンサーリンク

結婚式の時に時計をつけるかつけないかと言うことは意見が分かれるものだと思われますが、これは基本的に和服で出席する場合は腕時計はつけないことが普通です。
これは、和服の時は基本的にアクセサリーをつけないという考え方からですが、それでも髪飾りや帯留め、指輪などは普通につける方が多いでしょう。
これらの背景にあるのは、結婚式に出席をする場合は、新婦よりも目立つことはマナー違反であると言う考え方からのようです。
確かに、主役は新郎新婦ですから、出席者が目立つのは良いことではありません。
どうしても時間が気になるという方は和服であれば懐中時計を持参するという方法も良いかもしれません。
洋服であれば懐中時計は合いませんから、派手なものでなければ時計をつけて出席することも普通になっています。

スポンサーリンク

和服の場合は男性も女性も時計をしない方が見栄えも良いですし、マナー的にも良いですが、それでも結婚式以外にも予定があったりして時間がどうしても気になる方もいるでしょう。
その場合は、多くの方は携帯電話を使用して時間の確認をすることになると考えられますが、その場合、マナーモードにすることは必須です。
結婚式の途中の余興の際などに電話が鳴っても殆どの方は気づかないでしょうが、例えば、新郎新婦の挨拶や新婦からの花束贈呈などの緊張した場面で携帯電話がなってしまうと、場の空気を乱してしまうことになります。
せっかくの感動の場面がたった一本の電話で台無しになっては困りますので、是非とも携帯電話はマナーモードにしておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー