ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式へ欠席する場合の招待状へ記載マナーについて

スポンサーリンク

結婚式へ招待されたのにもかかわらず、やむなく欠席することもあるかと思います。
その場合の招待状の記載マナーについてご説明したいと思います。
まず招待状が届いたら、出欠に関わらずできるだけ早く返信するのがマナーです。
できれば届いてから1週間以内に返信しましょう。
親しいからと言って電話やメールでの連絡はマナー違反です。
事前に電話などで出欠の連絡を済ませ、のちに返信はがきを送るのが丁寧な対応でしょう。
御出席・御欠席などの「御」は招待状を受け取った方への敬語になりますので、返信する際には二重線か斜線で消してください。
間違っても「×」印を使用してはいけません。
そして必ず黒いインクのボールペンか万年筆を使いましょう。
青などの色は使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まず、返信はがきの表面である新郎・新婦の「行」を「様」に変更します。
欠席する場合は「御出席」を二重線か斜線で消しましょう。
そして「御欠席」の「御」を二重線か斜線で消し、「欠席」に丸を付けます。
そして一番大切なことははがきの余白部分に結婚をお祝いするメッセージを記すと共に、欠席する旨を記します。
その際にあまりにも早く返信はがきを出してしまうと初めから出席するつもりがなかったように受け取られる場合がありますので、少し時間が経過してから返信すると良いでしょう。
新郎新婦との間柄にもよりますが、結婚式当日にお祝いの電報やレタックスを送るとより丁寧な対応だと言えるでしょう。
新婦宛に送る場合は旧姓宛で送るのがマナーです。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加