ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー

スポンサーリンク

友人や親族、会社の同僚など、結婚式にお呼ばれする機会は意外に多いものです。
男性であれば礼服を着ていけば何ら問題はありませんが、女性の場合は服装やアクセサリーに大変気を使わなければなりません。
マナーを知らずに着たドレスや身につけたアクセサリーがマナー違反になってしまうこともあり、用意する前に調べておくことが必要です。
例えば、ドレスの色に関しても注意が必要です。
白は花嫁の色なので不適格だということは良く知られていますが、無難なような黒もアクセサリーの組合せでは良くない場合があります。
例えば、小物やジュエリー、靴などの全てが黒で統一されていると、葬式をイメージさせるためいけません。
また、黒のドレスに黒のストッキングを履いたり、パールのネックレスをするのも葬式を連想させるので控えた方が無難です。

スポンサーリンク

結婚式にお呼ばれした際は、深みのあるブルーやワインレッドのような色のドレスに白のパールアクセサリーを合わせるのが最もふさわしいとされています。
華やかでありながら、煌びやか過ぎないため不快感を与えることはありません。
また、ジュエリーは、昼の結婚式なのか夜の結婚式なのかで使い分けるという気遣いも必要です。
例えば昼の挙式の場合、記念撮影などの際のストロボがネックレスなどに反射してしまい他の人の迷惑になってしまう可能性がありますから、ゴールド系は不適格です。
しかし、夜の挙式であれば逆に華やかさを演出した方が良いですから、パールよりもゴールド系やキラキラしたタイプのアクセサリーが好感が持たれます。
結婚式に招待された場合は、マナーに注意しながら地味すぎず華美すぎない服装を心掛けることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー