ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式の食事で使うナプキンのマナー

スポンサーリンク

結婚式のマナーで服装の次に気になるのが食事の際のマナーです。
ナプキンやグラス、ナイフやフォークなど、普段はあまり気にせずに使っているものも、結婚式のような場所ではマナーに配慮して使うことが必要です。
エチケットとして食事の際のアイテムの使い方の知識を持っておくことは非常に大切ですから、結婚式に初めて招待された場合などは事前にチェックしておく方が良いでしょう。
まず、乾杯の際のグラスの持ち方ですが、乾杯の際はシャンパンであることが多いですから、グラスは脚の部分を持つようにします。
そして自分の胸の高さから目線の高さまでグラスを持ち上げるようにすると、乾杯をしたことになります。
このとき、同じ席の人とグラスをぶつける必要はありませんから、相手から求められた場合は別として、自分からそのような行動をすることは慎みましょう。

スポンサーリンク

また、ナプキンの使い方も大切です。
ナプキンは折り目が自分のお腹の方にくるように膝の上に置くのがマナーです。
そして、料理の際に口を拭く場合は、折り目の内側で右端の部分を使うようにします。
ナプキンを汚さないようにするために、自分の持っているハンカチやティッシュを使う人もいますが、このような行動は逆に無礼にあたります。
このナプキンは不潔で使えないという意味を表すことになりますから、遠慮せずに使う方が良いのです。
また、食事が終わり退席する際も、あまり綺麗にたたんでテーブルの上に置くのはいけません。
これは料理が美味しくありませんでしたという意味になるので、さっとたたむ程度にすることが大切です。
ナプキンの使い方一つで、その人の知識の有無がわかってしまいますから、マナーにあった使い方をすることが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加