ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

急な欠席をしなければならなくなった場合の結婚式マナー

スポンサーリンク

人生にはトラブルはつきものです。
予定をしていたけれどもその通りには進まないというケースは日常の中にありふれています。
当然、結婚式に招待を受けている場合であっても、突然のトラブルで出席が不可能になる場合もあるはずです。
例えば、身内の不幸や急な商談、体調不良や怪我など、結婚式が近くなってから急な欠席を迫られることも少なくありません。
基本的に急な欠席は大変無礼なことです。
招待する側は料理や引き出物を用意していますから、その分の費用も無駄になってしまいます。
さらに、お祝いの席に空席があることも、当然好ましい状態ではありません。
そのような場合には、良好な人間関係を崩さないためにも思いやりとマナーを心得た対応をすることが必要です。

スポンサーリンク

身内の不幸で欠席するような場合は、やむを得ない事情があるというような表現で欠席の旨をできるだけ早く伝えることが大切です。
結婚式はお祝いの席ですから、身内の病気や不幸などが理由の場合は直接的な表現は避けた方が失礼に当たりません。
言葉を濁せば、相手も察してくれるはずです。
また、当日に出席できないことを伝える場合は、新郎新婦の携帯電話に直接電話するということはしてはいけません。
新郎新婦は当日忙しくしているでしょうから、直接の電話連絡は配慮が足りない行動です。
このような場合は、出席する知人に欠席の連絡を頼むか、会場に直接連絡を入れる方が良いでしょう。
このように結婚式を欠席する場合は、祝電やご祝儀などで必ず祝福の気持ちを表現することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加