ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです

スポンサーリンク

結婚式に呼ばれた場合には、どのような服装をしていくかが非常に大切になります。
お祝いの席ですから、マナーを守って快く祝福の気持ちを受け取ってもらうことを心掛ける必要があります。
ドレスやアクセサリーは、非常に大切な要素の一つです。
白いドレスは花嫁の色ですから、たとえストールであっても白は避ける方が無難です。
また、黒いドレスを着る場合には小物は黒を避けることが大切です。
ストッキングはもちろん、バッグやヘアアクセサリーまで黒や暗い色で統一してしまうと喪服を連想させてしまい、印象がよくありません。
ドレスの色はベージュやシャンパンゴールド、ワインレッドや深みのあるブルーなどにすると華やかさを保ちながらも無礼のない服装になります。

スポンサーリンク

また、靴の色や素材も大切な要素の一つです。
若い世代の人は裸足で靴を履くことが多く、結婚式の際にもストッキングを履かないという人もいますが、これはマナー違反です。
また、靴のデザインはヒールの高さが三センチ以上あるパンプスを履くというのが一般的でオーソドックスなスタイルです。
つま先部分やかかとが空いているようなパンプスは、一歩間違えるとミュールやサンダルに見えてしまうの可能性があるので注意しなければなりません。
基本的にはエナメル素材のパンプスが結婚式で最も好まれる靴ですから、特別な理由がない限りはそのようなデザインの物を選ぶことが無難です。
結婚式では様々なマナーが存在しますが、最も目立つのは服装です。
そのため、服装でのマナー違反はしないように十分注意することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー