ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

神社での結婚式のマナーについて

スポンサーリンク

近年多くの芸能人も、こぞって挙げる神社での結婚式は、増加の傾向にある和婚スタイルなのです。
 しかしその神社での結婚式にお呼ばれされると、服装はもちろんのこと、ゲストとして参列する時に気を付けねばならないマナーも、確認しておきたいものです。
 ゆえにここからは神社での結婚式において、知っておくべきマナーについて記述していきます。
 まず事前に渡された、漢字ばかりが並ぶ式次第と呼ばれるプログラムには、中に参列者も関わるところがありますので、事前に目を通しておくと賢明です。
 そしてまず神社での結婚式は、入場も参列者が加わりますので、花婿花嫁、親族友人の順で神殿に進みます。
 そして式が始まるのですが、参列者が特に気を付けたい儀式は玉串奉奠と呼ばれる、花婿花嫁が玉串を神前に供える儀式のことなのです。
これは花婿花嫁が玉串を供えた後、一緒に二拝二拍手一拝を、行わなくてはなりません。

スポンサーリンク

 また親族杯の儀では、巫女が参列者の杯に御神酒を注いで回ります。
なので全員に御神酒が注がれた後、一同起立して三回に分けて飲み干さなければなりません。
この時のマナーとしては、杯を口元に運び、なるべく姿勢良く飲んで下さい。
口を杯に近づけながら飲みますと、姿勢が悪くなり見苦しくなるためです。
 このようなことを踏まえると、神前式を無事に終えることが出来そうなのですが、最後に一番肝心なマナーが残っています。
 それは神社での結婚式の、参列者が着る服選びです。
一般的に親族は和装で、友人は着物であれば喜ばれますが、洋服でも可能です。
 ただし洋服選びには注意点があり、まず白い服は当然厳禁なのですが、全身黒も厳禁なのです。
 また露出度は低い服が当然です。
例えばノースリーブやキュミソールタイプの服であるなら、ポレロやストールは必須なのです。
 そして最後に、足元が素足にサンダルは失礼にあたりますので、ストッキングは履いていくことが礼儀なのです。
 このような服装のマナーを十分把握したうえで、神前式のマナーも把握して、素敵な神社での結婚式に参列されれば、きっと花婿花嫁は喜ばれ、あなたにとってもお式は思い出深いものになります。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加