ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

いとこの結婚式にお呼ばれしたときのマナー

スポンサーリンク

結婚式でのマナーは、出席するときの立場によって微妙に異なります。
友人や同僚という立場で出席する場合は、気軽な気持ちで無礼がない程度の振舞いを心掛ければ問題はありません。
しかしながら、親族として出席するケースでは、友人として出席する場合よりも服装や振舞い方に気をつけた方が良い部分も出てきます。
しかしながら、父母や兄弟のような招待する側としての振舞いはマナーをまとめた書籍などでも取り上げられていますが、いとこのような立場での出席になると殆ど紹介している媒体がなく服装などに困ってしまう場合も少なくありません。
では、いとこに結婚式に招待された場合の服装や振舞いはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

スポンサーリンク

女性が最も気にする服装についてですが、基本的には友人や同僚として招待される場合よりも落ち着いた装いを心掛けることが必要です。
ドレスであればフォーマルな感じのワンピースドレスを年齢に合わせて選ぶと、無礼がなくて場になじみやすいと言われています。
ただし、服装については親族と事前に軽く打ち合わせをしておくことも必要です。
例えば、同年代で同じ立場の出席者が着物を着ていくのにもかかわらず、自分がカジュアルに見られてしまうようなドレスではバランスが悪くなってしまいますし、逆でも良くありません。
結婚式全体の雰囲気もありますから、事前に服装については話をしておく方が変に目立ってしまったり浮いたりすることを避けることができます。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加