ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反

スポンサーリンク

日本は古くから結婚式のマナーがありますが、知らないで出席すると自分が恥をかくだけではなく、両家にとって大切な日の雰囲気を壊してしまうこともあります。
とくに注意しなければならないのが女性の服装の色選びですが、白色は花嫁さんのドレスや白無垢の色なのでタブーとされています。
また黒はフォーマルドレスや小物を同じ色で揃えてしまうと喪服というイメージが強いので、小物類は明るめの色を選んだりします。
またプリントされた柄物はフォーマルドレスというよりワンピースという扱いになるので、多くの人が集まる正式な場にはフォーマルが正装なので注意が必要です。
フォーマルドレスのデザインによっては肌の露出が多い時には、ストールを羽織ったりジャケットを着たりして工夫するのがオススメです。

スポンサーリンク

また近頃の結婚式は昼だけではなく夜に行う方も増えていますが、昼と夜によっても服装に違いがあります。
昼間に行う場合は肌の露出を控えてフォーマルドレスや小物類は明るい色を選び、夜に行う結婚式や二次会などは肌の露出が可能で小物類は光沢のある物を選ぶことがマナーです。
男性の場合は礼服を一着用意しておくと、結婚式や葬式のどちらでも着用することができます。
結婚式の場合はネクタイやワイシャツは白色を選び、胸ポケットにはポケットチーフを入れることも必要です。
靴下は立ったり座ったりする時に丸見えなので、スーツの色に合わせて黒色を選びます。
結婚式に出席するとなると服装を全て買い揃えたり、ご祝儀を用意したりとお金が掛かってしまいます。
最近は手頃な価格でフォーマルドレス、フォーマルスーツをレンタルできる場所が増えているので、そういうのを利用するのもオススメです。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー