ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは

スポンサーリンク

結婚式や披露宴にゲストとして招待された時、女性たちの多くはワンピースやパンツなどの洋風スタイルで出席することが多いと思いますが、ここ最近人気なのが、和服で出席するスタイルです。
似たようなデザインの多いワンピーススタイルの中で、個性を出せて、しかもおしゃれであることで、振袖や訪問着などの着物スタイルを選択する人が増えているのです。
では、この時のマナーとして注意すべき点について、いくつかご紹介いたしましょう。
まずは振り袖を着る場合ですが、一般的に成人式で着る振袖は「大振袖」と言い、華やかであることで新婦が着用することもあります。
ですから、着ようと思うなら一度新郎新婦に相談するか、もう少し袖の短い「中振袖」に変えることで対応しましょう。

スポンサーリンク

中振袖の場合では、新婦の衣装の色とかぶらないように配慮することが必要です。
ウエディングドレスの「白色」とかぶらないように白のワンピースを控えるように、振袖の場合も配慮が必要です。
訪問着の場合は、既婚でも未婚でも着られるものです。
胸元に模様のあるものも多く、見た目にも華やかで、ゲストとして最も無難な着物だと言えるでしょう。
黒留袖は、基本的には両家の身内で、既婚女性が着るものです。
落ち着いた品格のある漆黒の色は、おごそかな雰囲気を演出し、最もフォーマルな印象を与えるものです。
色留袖も礼装であり、華やかな雰囲気であるため、結婚式のゲストの衣装としては適しているものだと言えるでしょう。
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー