ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式マナーとしてお祝い金はふくさに包むのが作法

スポンサーリンク

結婚式のお祝い金は、新札を用意するのが必要であり守るべきマナーです。
包む金額は交友関係や年齢などによって異なりますが、披露宴に出席する場合と、欠席の場合では金額が異なります。
近年では、会費制によって行われるケースもありますが、このときはお祝い金を用意する必要はなく受付で会費を払えば十分です祝儀袋のたたみ方は、下の折り返しが上なるようにに重ね水引きをかけるということですので、くれぐれも逆にしないことが重要です。
結婚祝いを渡すタイミングとしては、品物や現金は披露宴の1週間前か日柄のよい日の午前中に持参するのがマナーです。
親しい仲であっても、急な訪問は控えるべきであり、あらかじめ連絡を取ることが必要です。

スポンサーリンク

訪問する時間が取れない場合は、品物を業者の手によって配送してもよろしいのですが、この時に忘れてはいけないことは、のし紙を付けることです。
お祝い状は品物に添えるか、品物が届くより早く着くように送ることが大切です。
また、品物が間に合わなかったときは、当日に品物の代わりに目録を渡すことで代用できます。
近年ではこのような品物より、挙式問実にお祝い金を持参するのが一般的な傾向となっています。
このときに使う祝儀袋の注意点は、水引が結び切りのものを選ぶことであり、蝶結びの水引を使うことはマナーに反します。
祝儀袋をバッグなどに直接入れて持参する人が増えているなかで、正式な作法としては、祝儀袋はふくさに包むことです。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式マナーとしてお祝い金はふくさに包むのが作法関連ページ

結婚式の受付のマナーと挨拶の仕方について
結婚式の受付で渡すご祝儀はふくさに包むのがマナー