ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG

スポンサーリンク

春や秋のブライダルシーズンには結婚式にお呼ばれする機会が多いですね。
その際、参列する立場でのマナーと言う物についてもあらかじめきちんと確認しておく必要があります。
特に服装についてのマナー違反は、自分だけでなく招待してくれた新郎新婦の印象も悪くしてしまうこともあります。
きちんとした服装で参列することもお祝いの気持ちを表す手段の1つです。
結婚式の参列者の服装マナーとして有名なのは「白い服を着てはいけない」というものです。
これは、白というのが花嫁の色であるからです。
反対に、全身真っ黒の服装と言うのもハレの日にはふさわしくありません。
特に女性が黒いドレスで参列する場合は、ストールやバッグ、アクセサリーなどで華やかになるよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

また露出の多すぎる服装もNGです。
特にチャペルでの式では、肩が露出することは良しとされていませんので、ストールやボレロ等を羽織るようにしましょう。
そして、ドレスの柄についてですが、柄物のドレスはNGだとされています。
結婚式ではフォーマルな服装が求められますが、柄物と言うのはカジュアルな印象が強いです。
特にプリントされている柄物はカジュアルなワンピースと見なされるので避けましょう。
柄物でも刺繍や織物などは大丈夫だとされていますが、気にする方もいらっしゃるかもしれませんので避ける方が無難かもしれません。
最近では、女性誌の結婚式お呼ばれファッションなどでファーのボレロやショールを良く見かけますが、ファーは殺生を想像させるのでこちらも避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー