ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式の電報を送る際のマナー〜宛名編〜

スポンサーリンク

お祝いの気持ちを伝えるために結婚式において祝電を送る機会も少なくないと思います。
その際に常識ある電報を送るためにも、電報のマナーについてご説明いたします。
結婚式に出席したくても出席できない。
しかしお祝いの気持ちだけでも伝えたい、そんな時に電報を利用することが多いと思います。
電報は披露宴で紹介されることもありますし、その場にあったふさわしい内容のものを送る必要があります。
祝電を送る前に確認しておかなければいけない事項が多数あります。
披露宴会場の住所、お届け日(披露宴開催日・時間など)、電報のメッセージなどです。
また電報の代金支払いはクレジットカード払いのことが多いので、クレジットカードの有効期限が切れていないかなどの確認も必要です。

スポンサーリンク

祝電を新郎・新婦連名で送ることもできますが、もし花嫁さん宛に送る場合は新姓・旧姓どちらの宛名で送ればよいのでしょうか。
一般的なマナーとして、もし披露宴開催時に入籍を済ませていたとしても旧姓宛でお送りするのがマナーです。
披露宴は両家で行うものですので、できるだけ旧姓でお送りするようにしましょう。
そして祝電のお届け日ですが、当日は披露宴の準備などで会場側も忙しいですから、できるだけ前日までに届くように手配しましょう。
祝電の手配はお届け日の1か月前から手配できるところが多く、当日の午前中に手配すれば午後に届くような業者もあります。
もし披露宴開始が午後であれば遅くとも当日の午前中までに届くように手配するような配慮が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加