ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です

スポンサーリンク

結婚式でご招待されたときの靴下の色というのが、イマイチ分からない人にマナーとして、どうするべきかという事をご説明させていただきますと、男性の場合、見えないところだからと言って、白色というのはNGなのです。
このように結婚式に招かれたときのは、黒色を履いておけば間違いなくOKなので、黒色を用意しておくのです。
でも、これが立場が変わると違ってくるのです。
新郎新婦の父親になると、モーニングをきることになりますが、このときの靴下の色というのは、ストライプ柄になり、これは、新郎・新婦の父親に限るのです。
また、花婿さんが白のタキシードを着ているときには、靴下というには白をはきますが、白をはくときというのはこのときぐらいのもので、基本的にはすべて黒が無難なのです。

スポンサーリンク

また、この靴下の長さもあって、ふくらはぎまでのタイプをはくことになります。
このような結婚式でも平服でもかまわないところでしたら、もう少しくだけた感じの茶色などでも全然問題ないのです。
ただ、このときは、派手な色以外ならOKではありますが、白色の靴下というのは、やはりこのような場面では常識的にも絶対にはかないのです。
では、まとめですが、やはり結婚式というところでは、くだけた格好でもOKであっても、黒色の靴下が一番無難なので、黒色と頭の中にインプットしておけば、あなた自身がそのようなところへ行って無難にいろいろな服を着こなせるし、大人としての常識的な対応ということで、マナー的にも問題ないことなのです。

スポンサーリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

招待された結婚式ではく男性の靴下の色はマナーとして黒が常識です関連ページ

結婚式での服装マナー【サブバッグについて】
結婚式でのかばんのマナー
結婚式で守りたいマナーの1つ、タイツについて
結婚式での服装のマナー【ファーについて】
結婚式に必要な持ち物とハンカチにまつわるマナーとは
友人として結婚式に招かれたら 服装のマナー
結婚式にお呼ばれしたときにつけるアクセサリーのマナー
振袖などの和服で結婚式に出席するときのマナーとは
結婚式の服装のマナー、柄物のドレスはNG
結婚式でのヘアスタイルのマナーはカチューシャでアレンジ
結婚式に履く靴はエナメル素材のものがマナーです
結婚式に和服で出席する時は時計をつけないほうがマナー的にも良いです
結婚式のネイルに関するマナー
女性が結婚式に出席するときの服装のマナーとは
結婚式に出席する男性の服装や靴のマナーについて知ろう
意外と知られていない結婚式での柄物の服装はマナー違反
結婚式における男性の髪型のマナー
結婚式の服装のマナーとタブー
見落としがちな結婚式での鞄のマナー
結婚式のドレスマナーは色が肝心です
ヒールの高さも関係する結婚式のマナー
結婚式で悩むジャケットのマナー
結婚式はヘアアクセサリーを使い華やかにするのがマナー