ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

シチュエーション別の結婚式のマナー記事一覧

結婚式というものは、新郎新婦が主役になる一日になります。そして、結婚式は二人の門出であるとともに、両家の親族一同が集まるとても重要なイベントになっております。このような時に、兄弟の兄、または弟のどちらかが結婚をする場合のマナーについて記載致します。兄が結婚する場合には、弟は披露宴の席では、基本的に席次で言いますと、両親とともに最後方の席に座ることになります。これが、逆に弟が結婚する場合であっても、...

親戚の結婚式に招待されたら、ゲストとしてではなく新郎新婦の親族の代表として、友人や会社の人と会うことになります。結婚式の場での振る舞いは、良いこともそうでないことも印象に残りやすいです。日常生活では習得できない部分もあるので、マナーについて不安な所は事前に家族や親しい人に聞くか、ネットや本で調べておくことをオススメします。今回はまず、招待状の返事の仕方について紹介します。結婚式への招待は、招待状が...

近年多くの芸能人も、こぞって挙げる神社での結婚式は、増加の傾向にある和婚スタイルなのです。 しかしその神社での結婚式にお呼ばれされると、服装はもちろんのこと、ゲストとして参列する時に気を付けねばならないマナーも、確認しておきたいものです。 ゆえにここからは神社での結婚式において、知っておくべきマナーについて記述していきます。 まず事前に渡された、漢字ばかりが並ぶ式次第と呼ばれるプログラムには、中に...

結婚式を行うことが決まったり式場の人と段取りのための打ち合わせを行っていくことになります。式に出席する人の席順や入場時に流す曲を決めたりと決めていかなければならないことは非常に多くあり、式場での打ち合わせも5度、6度とあります。結婚式での受付をしてもらう人や友人代表のスピーチをしてもらう人も決める必要があります。多くは友達に受付や友人代表のスピーチを頼むケースが多いと思いますが、受付をしてくれた人...

結婚式でのマナーは、出席するときの立場によって微妙に異なります。友人や同僚という立場で出席する場合は、気軽な気持ちで無礼がない程度の振舞いを心掛ければ問題はありません。しかしながら、親族として出席するケースでは、友人として出席する場合よりも服装や振舞い方に気をつけた方が良い部分も出てきます。しかしながら、父母や兄弟のような招待する側としての振舞いはマナーをまとめた書籍などでも取り上げられていますが...

乾杯の挨拶は、結婚式をこれから始めるという大事な時ですので、ただ単に乾杯ということではなく、ちょっとしたスピーチが必要になってきます。乾杯の挨拶をきっかけに食事の時間も始まりますから、あまり長いスピーチは向いていません。お祝いの言葉を温かい気持ちで簡潔にスピーチしていただくと良いでしょう。乾杯というタイミングも大事です。周りをよく見て、準備ができていることを確認してから、乾杯の言葉を言いますと、招...