ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式の受付でのマナー記事一覧

20代の後半になってくると、結婚式で受付をすることが多くなって来る人は多いはずです。ここでで注意しないといけないのは、社会人として結婚式の受付のマナーをちゃんと心得ているかどうかなのです。ここであなたは、結婚式をこれから行う人たち両家の顔であるという事を忘れてはいけないのです。基本的にここへ来てくれる人には、笑顔で接することがまずは第一なので、また、来てくれた人には、感謝の意味も含めた態度をしない...

友人知人はもちろんのこと、会社の上司や部下などの同僚や時には取引先などの関係者が結婚式を開くにあたってゲストとして招待されることは、ままあることとなっています。近年の結婚適齢期とされる年代が二十台の後半から三十代の前半頃となっているため、その年齢の頃が、同年代の友人知人の結婚式に呼ばれるピークと言うこともできるでしょう。この結婚式に参列するにあたって重視したいのが、フォーマルな場であることを意識し...

結婚式のお祝い金は、新札を用意するのが必要であり守るべきマナーです。包む金額は交友関係や年齢などによって異なりますが、披露宴に出席する場合と、欠席の場合では金額が異なります。近年では、会費制によって行われるケースもありますが、このときはお祝い金を用意する必要はなく受付で会費を払えば十分です祝儀袋のたたみ方は、下の折り返しが上なるようにに重ね水引きをかけるということですので、くれぐれも逆にしないこと...