ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式での服装についてのマナー記事一覧

結婚式に招待された際、特に女性は衣装にバッグなどの小物、そしてヘアメイクはどうするかなど色々なことに気を使いますね。華やかな衣装で参列してお祝いの気持ちを表すこともゲストとして重要なことです。ドレスや着物に合わせた靴にバッグを選んで、当日はこれでばっちり…と思っていても、当日持っていく荷物の確認はしましたか。ご祝儀をいれた袱紗にお財布、携帯電話にカメラ、メイク道具にハンカチなど女性は持ち物も多くな...

ご親戚や友人の結婚式に招待された時、何を着ていけばいいのか迷いますよね。ファッションは、お呼ばれした結婚式の形式やランクに合わせたものがベストです。規模の小さなお式に派手なカラードレスは相応しくないですし、豪華なお式にチープな装いだと居心地まで悪くなってしまいます。シンプルだけど高品質なスーツやワンピースを一着購入し、アクセサリーやかばんなどで変化をつける着こなしがおすすめです。地味すぎす、おめで...

結婚式に参加する時はマナーを守った服装で参加する必要があります。個人的に行うようなお祝いパーティーと混同されている方もいらっしゃいますが、結婚式はあくまでもセレモニーです。また、ゲストには様々な年齢、立場の方がいらっしゃいますので、失礼にならないような格好をしなくてはなりません。例えば、タイツです。タイツは防寒着であり、どちらかというとカジュアルなイメージのあるものですので、結婚式に参列する場合、...

結婚式にゲストとして参列する場合、特に女性の場合は服装にヘアメイクと色々と気を使うことが多いですね。華やかな衣装でお祝いの場に華を添えることも大切ですが、どんなに素敵な衣装でもマナー違反をしては台無しです。衣装を決める際には結婚式での服装のマナーをあらためて確認しておきたいものです。花嫁の色とされる白い色は着てはいけないなどは昔から言われていることですが、これは現在でも変わらないマナーです。結婚式...

結婚式にゲストとして招待された時、服装だけでなくその持ち物についてもマナーがあるというのをご存知でしょうか。そこで、このマナーについてご紹介していきましょう。女性に必要なものは、小ぶりのパーティーバッグです。普段使っているような大きめのカジュアルバッグや、キャンバス地などではマナー違反です。また、よくあるのが、サブバッグに紙袋を持つケースです。紙袋では、式の最中などにカサカサと音がしてしまうため、...

お友達の結婚式に招かれたら、どんな服装で参列しますか。意外と知られていない、結婚式においての服装のマナーをご紹介します。まず「花嫁より目立ってはいけない」という基本的なルールを頭に置いておきましょう。参列者はあくまでも脇役です。マナー違反の服装で、花嫁より目立たないようにしましょう。例えば、白系のドレス。白ドレスは花嫁さんのもの、という理由です。クリーム色やベージュ系など、白っぽい色も避けましょう...

友人や親族、会社の同僚など、結婚式にお呼ばれする機会は意外に多いものです。男性であれば礼服を着ていけば何ら問題はありませんが、女性の場合は服装やアクセサリーに大変気を使わなければなりません。マナーを知らずに着たドレスや身につけたアクセサリーがマナー違反になってしまうこともあり、用意する前に調べておくことが必要です。例えば、ドレスの色に関しても注意が必要です。白は花嫁の色なので不適格だということは良...

結婚式や披露宴にゲストとして招待された時、女性たちの多くはワンピースやパンツなどの洋風スタイルで出席することが多いと思いますが、ここ最近人気なのが、和服で出席するスタイルです。似たようなデザインの多いワンピーススタイルの中で、個性を出せて、しかもおしゃれであることで、振袖や訪問着などの着物スタイルを選択する人が増えているのです。では、この時のマナーとして注意すべき点について、いくつかご紹介いたしま...

春や秋のブライダルシーズンには結婚式にお呼ばれする機会が多いですね。その際、参列する立場でのマナーと言う物についてもあらかじめきちんと確認しておく必要があります。特に服装についてのマナー違反は、自分だけでなく招待してくれた新郎新婦の印象も悪くしてしまうこともあります。きちんとした服装で参列することもお祝いの気持ちを表す手段の1つです。結婚式の参列者の服装マナーとして有名なのは「白い服を着てはいけな...

結婚式に出席する場合は服装のマナーがあります。特に女性は気を付けなければいけません。結婚式は友人の他に新郎新婦の両親や親戚、会社の上司なども参列されているので、どの世代の方にも失礼のないような身なりで参列します。女性の服装はお祝いの席だということを念頭に置いて、膝丈ワンピースの着用、サンダルを履かずパンプスを履く、べージュのストッキングなどの決まりがありますが、ヘアスタイルも華やかにすることを忘れ...

結婚式に呼ばれた場合には、どのような服装をしていくかが非常に大切になります。お祝いの席ですから、マナーを守って快く祝福の気持ちを受け取ってもらうことを心掛ける必要があります。ドレスやアクセサリーは、非常に大切な要素の一つです。白いドレスは花嫁の色ですから、たとえストールであっても白は避ける方が無難です。また、黒いドレスを着る場合には小物は黒を避けることが大切です。ストッキングはもちろん、バッグやヘ...

結婚式の時に時計をつけるかつけないかと言うことは意見が分かれるものだと思われますが、これは基本的に和服で出席する場合は腕時計はつけないことが普通です。これは、和服の時は基本的にアクセサリーをつけないという考え方からですが、それでも髪飾りや帯留め、指輪などは普通につける方が多いでしょう。これらの背景にあるのは、結婚式に出席をする場合は、新婦よりも目立つことはマナー違反であると言う考え方からのようです...

いまや女性の間でネイルはおしゃれと言うより常識で、身だしなみのひとつであるとも言えます。普段からネイルを楽しんでいる人もそうでない人も、結婚式に招待されたときにどんなネイルをしていくかは悩むところです。特に受付などを頼まれた際は、指先がたくさんの招待客の目に留まります。結婚式の服装と違い、結婚式のネイルにそれほど細かい禁止事項はありませんが、やはり花嫁さんより派手なデザインや花嫁さんとかぶりがちな...

結婚式に招待された場合、あなたはどんな服装で出席しますか。ここで、女性が結婚式に出席する時の服装についてご紹介しましょう。まず、ドレスの色は、おめでたい席ですので、黒一色で統一することは避けましょう。黒いドレスを着る場合は、華やかなアクセサリーや小物を合わせて、華やかさを演出すると良いですね。また、白いドレスもタブーとされています。白いドレスを着るのは花嫁の特権と考えられているからです。マナーとし...

結婚式に参列する人にとって、最も気になるのが服装のマナーです。女性の場合には、披露宴を引き立たせる存在でもあるので、様々な服装をしてくる人が多く、様々な服装について多くのマナーがあります。男性はスーツで出席する人が多く、女性のようにあまり気にするほど注意するマナーはないと思いがちですが、男性にもきちんとしたマナーがあるので守る必要があります。しかし、スーツを着る事が多い男性にとって一番気にしないと...

日本は古くから結婚式のマナーがありますが、知らないで出席すると自分が恥をかくだけではなく、両家にとって大切な日の雰囲気を壊してしまうこともあります。とくに注意しなければならないのが女性の服装の色選びですが、白色は花嫁さんのドレスや白無垢の色なのでタブーとされています。また黒はフォーマルドレスや小物を同じ色で揃えてしまうと喪服というイメージが強いので、小物類は明るめの色を選んだりします。またプリント...

社会人となり仕事をし始めますと、付き合いの幅というのが広がりますので、結婚式などの冠婚葬祭の場で出るという事が多くなります。色々とマナーが多い事でもありますので、そこはしっかりと押さえて問題なく出席できる様にしておきたいです。とりあえず、結婚式における男性の髪型について説明しますが、基本としては清潔感というのが大事になってきます。食事とかも出ますし、多くの方が出席していますので、ボサボサな感じでは...

結婚式でご招待されたときの靴下の色というのが、イマイチ分からない人にマナーとして、どうするべきかという事をご説明させていただきますと、男性の場合、見えないところだからと言って、白色というのはNGなのです。このように結婚式に招かれたときのは、黒色を履いておけば間違いなくOKなので、黒色を用意しておくのです。でも、これが立場が変わると違ってくるのです。新郎新婦の父親になると、モーニングをきることになり...

結婚式に招待されたら、何を着ていくか迷う人も多いでしょう。結婚式に出席するときの服装には、いくつかのタブーがあるので、きちんとマナーを確認した上で、服装を選ぶ必要があります。女性の場合、まず結婚式に出席するときは、ドレスもしくは和服、もしくは華やかなスーツを着用します。普段着を思わせるような綿やウールのワンピースは、失礼に値するので結婚式に来ていくのは避けましょう。ドレスを買うときに迷ったら店員さ...

結婚式に招待され、いざ洋服や靴をきちんと揃えていても、以外に鞄のマナーを知らないという方が多いので注意するべきところをあげてみましょう。まず革のバッグはフォーマル感があるので披露宴にふさわしいということです。特に女性は小さなハンドバッグを手に持っていることが多いですが、上質な革のバッグがおすすめです。そして最大のお祝いごとでもある結婚式なので光を意識した鞄もおすすめです。例えばシルク製の美しい光沢...

結婚式に呼ばれた際には招待してくれた新郎新婦に恥をかかせないようにいろいろな決め事に注意をする必要があります。特にドレスの色は注意です。花嫁の衣装に使われる白を選ぶのはマナー違反です。絶対に避ける必要があります。白っぽく見える薄いピンクやベージュなども避けたほうがよいです。上着だけとか、靴だけ白にするとかも避けるのが無難です。結婚式当日は白は花嫁しか着れないと思っていたほうが間違いはありません。招...

結婚式にお呼ばれされた時、ドレスやアクセサリー、ヘアスタイルに気を配る方が大半だと思います。結婚式にはご祝儀や服装などに様々なマナーがありますが、靴にも守りたいマナーがある事をご存知でしょうか。おめでたい席である結婚式では、爪先の空いているサンダルやミュールの場合、カジュアルすぎるので失礼に当たります。ですので爪先の空いていない、パンプスを選びましょう。また爪先が空いていないからといって、ブーツを...

結婚式などのきちんとしたシーンではジャケット着用は当たり前で脱いではいけないといったことを聞いたことはあるでしょうか。実際、秋冬の時期でしたら着ていても普通なのですが、春夏の時期の結婚式の時などにはどんなに暑くても脱いではいけないという時に、特に男性ですがベストをしている時のみにジャケットを脱ぐことも許容されています。英国流の服装マナーの中でも日本に当てはめてしまうのはとても厳しい時もありますので...

結婚式に呼ばれた際には、服装のマナーがあります。結婚式は友人の他に、新郎新婦の家族、親戚、会社の上司も参列するので、目上の方にも迷惑がないようにします。服装ですが、女性は女らしさが出るスカ―ト、ワンピ―スが良いです。カラ―は黒を選びがちですが、御祝いの場なので、白やベ―ジュを避けたパステルカラ―でも素敵です。上品に見えるように膝丈を選びます。パーティー用ドレスは肩や背中が出るものが多いですが、昼間...