ご祝儀の渡し方や服装など結婚式のマナーのことなら

結婚式のご祝儀の渡し方にもマナーがあります

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀の金額は、相手との関係や、その付き合いの深さ、自分の立場などによって違いが出てきます。
お祝いの気持ちとして贈るものですから、本来は金額の目安をつけるということが不自然な行為かもしれません。
一般的には、披露宴の食事代とお祝いの気持ちと考えることが多いようですが、披露宴の食事代と言ってもその金額には大きな開きがあります。
本当にお金をかけない食事もあるでしょうし、フルコースのような豪華な食事を出してくれる披露宴もあるでしょう。
ですから、招待された側が披露宴の食事の内容までを考えてご祝儀を包む必要はありません。
そして、そのご祝儀の気になる金額は2万円〜3万円が相場だと言われています。
会社の同僚や、部下などであれば、これとは別に記念品を贈るということもあるようです。

スポンサードリンク

そして、結婚式の当日に受付で渡すということが一般的になっているご祝儀ですが、実はこれは違うのです。
本来は、結婚の前に吉日を選んで、新郎や新婦の自宅に持参をするということが正式なマナーだったようです。
それが時代の移り変わりと共に現在の形になったのでしょう。
結婚式当日での受付での渡し方は、ふくさや小さめの風呂敷に包んで持参し、受付で渡します。
祝儀袋をそのままバッグに入れたりなどということがないようにして下さい。
また、披露宴に出席しない場合は、お祝いの気持ちとして5000円〜1万円程度を包むか、記念の品を贈ることが一般的なようですが、新郎や新婦との関係で変わってきますし、大切なことはお祝いの気持ちを贈ることでしょう。

スポンサードリンク

記事の内容はお気に入りいただけましたでしょうか?

当記事を読んでお気に入りいただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加